ポツダムレッドけいじのポツダム日記

名古屋を中心に活動する、自称ヴィジュアルエンターテイナーハードロックバンド「ポツダム巨人軍」のヴォーカル&ギターのポツダムレッドけいじです。体力の続く限り、全身全力で叫び続けるのだ!

遅ればせながらのライブご報告

大変遅ればせながらではありますが(笑)、6~8月のライブのご報告をさせていただきます(笑)

 まずは、6月19日(日)新栄SAPADE BOX。
ポツダム巨人軍として、隣のハートランドは、昨年の11月に「こけら落とし公演」でワンマンライブをさせていただきましたが、SPADE BOXは今回が初出演!

DSC_0021


 
 出演バンドが3バンドで、出番はトリだったので、演奏時間はたっぷりとありました!

DSC_0156


なので、セットリストは下記の通りで、なおかつアンコールまでいただいちゃいました!
ポツダム戦士の皆さま援護射撃ありがと~ね~!

 1.かかってこい
 2.日本
 3.おなかグルグル
 4.力こぶ
 5.夢を追いかけて
 6.ブレーンバスター
 7.一国一城の主
 un. お米・ザ・パワー

 絶対にアンコールがかからなければ、演芸ヒットパレードが見られないという危なっかしいセットリストでござまいました!


 そして、7月のライブはお休みでございましたが、8月は2本!

まずは、今年で出演が6回目!そうです6年連続出演となります8月7日(日)の「第66回 大須夏祭り」です! 

 今年も暑いなか、ポツダム戦士の皆さまの援護射撃のおかげで、大須観音の境内に集まったお客様も大変盛り上がりましたね~

6010050_2223352378_239large

 また、今年で2回目の披露となる「大須の唄」も概ね好評で、CD作ってくださいとか、大須の方からはPV撮りましょう!などと喜んでいただけたようです!

 30分と短い演奏時間ながらも、汗だくでプレイした(笑)セットリストは下記の通りです。

  1.よいしょ
  2.お米・ザ・パワー
  3.肩たたきに愛をこめて
  4.大須の唄

さあ、来年の出演はいかが相成りますでしょうか?お楽しみね!

そして、8月の2回目は、26日(金)、またまたの新栄SPADE BOXです!
大阪のバンド「ARESZ」さん主催の「METAL 百鬼夜行」と銘打ったイベント!
出演バンドは、なかなかの強者揃いでしたが、最後にはゲストの「SEX MACHINEGUNS」の「セックス マシンガン」という曲でセッションがあったりと、打ち上げまで楽しいイベントでした!


DSC_0005

 METAL勢に負けないようにと組んだ(笑)セットリストは下記の通りです。

  1.ピンポン
  2.お米・ザ・パワー
  3.もう一杯
  4.ロックの鬼

DSC_0015


次回ライブは、9月25日(日)大阪西九条ブランニューです!関西方面のポツダム戦士の皆さま!援護射撃よろしくお願いいたします!

まだまだ、残暑厳しいおりですがポツダム戦士の皆さまにはおからだにはご自愛くださいね!

さあ、そろそろお城巡りも再開するかな?(笑)

西九条ブランニュー

先週末の、5月28日㈯に大阪西九条ブランニューでおこなわれましたポツダム巨人軍のライブにご参戦くださいましたポツダム戦士の皆さま!ありがと~ね~!

DSC_0038


今回は、ツアーバンドは名古屋からの我々だけ!という戦い甲斐のあるアウェーなイベントでしたが、若いバンドさんや、実は京都から来てますっていうバンドさんやらで、結局、2005年以来ブランニューさんに出演しているポツダム巨人軍は、古株的な扱いでライブでも楽屋でもアウェー感は全くなし!でした(笑)

さて、それでは大阪ツアーレポートです。

まずは、今回おニュー(死語)になっったニュー「ポツダム号」で、名古屋を8時30分に出発!

DSC_0020


今回は「伊勢志摩サミット」の影響も心配されましたが、いつもの四日市辺りの渋滞さえもなく、スムーズに奈良の「天理PA]で休憩。

DSC_0022


そして、お昼前には西九条に到着し、いつものワンコイン丼のお店に行くが、今回は「メニュー」にいつもの海鮮丼以外に「豚カツ卵とじ丼」と「桜エビかき揚げ丼」があったのでいろいろと悩んだ挙句、

DSC_0025

ブルーまさみ隊長とグリーンもっちゃんは、いつもの海鮮丼。

DSC_0028

僕とイエローやまちゃんは、「桜エビかき揚げ丼」をチョイス!

DSC_0027

しかし写真を見ていただけば分かるように、桜エビはどこ?どこ?状態に、これがかき揚げ?もしかしたらチヂミ?かと思わせるほどの衣!

食後に、僕とイエローやまちゃんは、胃腸薬のお世話になるほどの腹痛が襲ってきたのでありました(笑)

そんな昼食をすませ(笑)、本日の会場「ブランニュー」入り!

DSC_0030


リハーサルはサクサクと進み、

1464414610299


ホテルのチェックインまでのあいだに楽屋でグッズのミニ団扇へサイン!

DSC_0032

DSC_0033

その後は、各メンバーはバラバラの行動で、僕は、ここのところライブの前はアルコールを控えているので、ホテルの部屋で一人、仕事をしておりました(笑)

今回は、お客様の入りが全体的に少な目でしたが、それでもアウェー感は全く無く、ポツダム戦士の熱~い援護射撃をおかげで、楽しく盛り上がったライブになりました!
また、若いバンドのお客様にもウケてたみたいで、後ろの方のお客様がしっかりと腕を上げていたのが見えました!嬉しいですね~!

1464508438584

1464508444975

ライブ終了後はもちろん打ち上げです!(笑)
ここも、いつもの「味むそう」!そう!写真でお分かりかと思いますが、ブランニューの隣です。

DSC_0036


いつも、全国各地のツアーではお世話になっている「AREDREDS」のAnton前田くんも参戦での打ち上げ!
そして、Anton前田くんと、12月の目黒でのライブでの打ち合わせ?(笑)やら、カツオのたたきの美味しい土地でのライブの企画やらの話で盛り上がっったところに、

DSC_0040


打ち上げに参戦せず、一人でホルモン屋と串カツ屋で、珍しくハイボールを2杯もやっつけてきたイエローやまちゃんが、途中から真っ赤な顔をして打ち上げ会場に乱入し、、なにやら野球のことで一人で激高しておりました(笑)
DSC_0043

ふっかけられた「AREDREDS」のAnton前田くんには、大変申し訳ございませんでした。

翌日、大阪に居残るグリーンもっちゃん以外のメンバーで無事、渋滞もなく名古屋へ帰還いたしまいた!

さて、次回は6月19日㈰、名古屋の「SPADE BOX」です!
新栄に移転した「ハートランド」の隣です。ドリンク以外に料理もでるし、会場も広いし、
我々も初出演ですので、大変楽しみにいたしております!
たくさんのポツダム戦士のご参戦をお待ちいたしております!





GW福井県お城巡り

GW前から左耳後ろ辺りに痛みがあったので、5月2日(月)に病院に行ったところ「帯状疱疹」と診断されました。

DSC_0041

しかしながら翌日の5月3日(火)に、左側頭部の頭痛と闘いながら(笑)、10数年ぶりに「北陸道」まわりで富山県に帰省し、その道中の福井県のお城を巡ってまいりました(笑)

東海北陸道が富山まで、開通するまでは名神高速から「米原」まわりの「北陸道」で富山に帰省していたので、片道5時間ぐらいかかっていた。
そのころは子供が小さいこともあり、途中のお城に寄ろうなんて余裕がなかったんだけど、今回は富山では何処にも行く予定がないので(笑)、その前にお城巡りです。


それでは、まずは「福井城」!

DSC_0220


福井城は、古くは柴田勝家がお市の方(織田信長の妹)とともに自害した「北庄(きたのしょう)城」があった場所から2Kmあたり離れたところに、徳川家康の次男「結城秀康」によって、慶長6年(1691年)から約6年も歳月をかけて築城されました。

この「結城秀康」という人については、なぜ徳川家康の子なのに「結城」姓なのかとか?徳川家康の次男なのに、なぜ三男の秀忠が後継者に選ばれたのか?とか、いろいろとブログ1回分いや、本が1冊書ける!というぐらいの逸話や、諸説がいっぱいある方なので、今回は割愛させていただきます(笑)

さて、その「福井城」は、外様の雄、隣藩の加賀百万石の前田家をけん制するために、68万石という全国2位の石高をもって五重の堀が回る、「五重環郭式」の大規模なお城でしたが、現在では本丸のみが遺構としてのこされていて、内堀、石垣、天守台が残っています。

まずは、本丸を囲む「内堀」です。

DSC_0194

よく見ると石垣とお堀の間に「犬走り」がありますね。これは石垣の圧力を分散させるためとも言われてますが、築城の名手「藤堂高虎」の築城したお城の石垣によく見られます。僕が見たなかでは三重県の「津城」、大阪の「岸和田城」にありましたね。

DSC_0061

後にも触れますが、福井城は1948年の福井地震での被害が石垣に相当残っていて、石垣にはズレや孕みがかなり見られました。今回の熊本地震でも熊本城がかなりの被害を蒙っているみたですが、修復には時間がかかるんでしょうね。

ちなみに、これが「石垣」の「孕み」です。

DSC_0054
妊婦さんおお腹のように石垣が、外側に向かって膨らんでいます。
理由は、地震ばかりではなく、石垣の中の抜けない水分により孕んだ状態になることもあるし、長い年月によって石垣が緩んできたとも言われています。

それでは、「御本城橋」を渡って本丸に入ってみましょう。

DSC_0186


本丸内には福井県庁と福井県警察本部が建っています(笑)

DSC_0173

DSC_0174


まあ、お城ってのは、その藩の行政の中心部だったわけだし、幕末の各藩主は明治維新後の廃藩置県の際、藩主から県知事になってる人が多いから、現在本丸内に県庁が建っているのは当然のことなんでしょうね?(笑)

その本丸内には「結城秀康」公の石像がありました!

DSC_0063


一緒に行ったツレアイが
「結城秀康って、なんか~変な顔じゃない~?(笑)」
っと、ツッコミが入ったところで、せっかくなんで結城秀康公の逸話を一つ。

結城秀康は幼名「於義丸」(これも諸説あり)といいますが、これは生まれたばかりの結城秀康の顔を見て、父親の徳川家康が「ギギ」という魚に似てたから、
「この子の名前は於義丸とせよ!」
っと言ったいう説もあり、徳川家康は於義丸に3歳になるまで会わなかったとも言われてます。
ヒドイ父親だと思われますが、於義丸は側室の子だったので、嫉妬深い正室の「築山殿」に遠慮してたとも、また於義丸は双子だったという説もあり、双子は当時「畜生腹」と言われて忌み嫌われていたから会わなかったという説もあります。

結城秀康公は生誕に関してだけでも、これだけの逸話の持ち主なんです!(笑)

本丸をぐるりと回ってみます。石垣の内側には土塁と腰巻石垣の部分もあり、

DSC_0082

当時は石垣の上には多聞櫓か塀があったのでしょう、登れるように階段状の石垣があります。

DSC_0161

本丸内には、天守跡が残っています。

DSC_0107


この天守跡を登ると、福井城および福井の地名の由来となった井戸「福の井」があります。

DSC_0117


その本丸内の中に一段と高くなった天守跡の上にまた一段高く天守台があります。

DSC_0115

この天守台には4層5階の天守閣が建っていたそうですが、寛文4年(1669年)に城下で発生した火事で焼失したそうです。その後は再建されなかったとのことなので、天守閣は、わずか60年ほどしか建っていなかったことになりますね。

天守台の横の「控え天守台」と呼ばれるこの石垣は、先ほど述べた福井地震で大きく歪んだままですね。

DSC_0124


また、天守台の上もなぜか湾曲というか、平面を保っていません。やはり地震の影響なんでしょうか?

DSC_0127


それよりも、この天守台には礎石が残ってますよね?4層5階の天守閣があったわけですから、礎石があって当然ですが、この天守台はなぜか長方形で、礎石が残っているのは、その長方形の部分の半分ぐらいなんです!

DSC_0133

つまり、名古屋城みたいに小天守か、または付櫓が付いていた可能性があるんですね?地震で崩れている「控え天守台」も含めると、いわゆる連結複合式の天守が建っていたのかもしれない!ということです。

ただし、そんな資料は残っていないそうなので、築城の翌年に35歳の若さで生涯を終えた結城秀康公の頭の中には、いつかは連結複合天守閣にしようという構想があったのかもしれませんね。

本丸の外側には、復元された御廊下橋がありますが、


DSC_0199

御廊下橋は現在「山里口御門復元工事」のため、本丸内からは通れませんが、本丸外側からは入れました。

DSC_0206

この御廊下橋は、和歌山城にもありましたね。

ちななみに、堀の水を抜いての工事なので、犬走りの部分がよく分かりますね!

DSC_0217


以上、福井城は終了し、福井城がある福井市から車で30分ほどの隣町「坂井市」にある、現存最古の天守閣がある「丸岡城」へ!

DSC_0308


丸岡城は、確か2004年か2003年あたりに行って以来です(笑)

とういことで、丸岡城は過去に訪問済みなんだけど、前回来たときに丸岡城のすぐ下にある「そば処 一筆啓上茶屋」で食べた「越前おろしそば」を、もう一度食べたかったんだよね~(笑)

DSC_0226

最近、福井のグルメといえば「越前おろしそば」ではなく、「ソースかつ丼」!ってことでセットでいただきました!

DSC_0229

腹ごしらえがすんだところで、丸岡城へ登城です!

DSC_0238


丸岡城は現存12天守の中でも最古と言われています。

築城は、先ほど福井城のところで紹介した「北庄城」で自害した柴田勝家の甥「柴田勝豊」が築城し、その後安井家、本多家、有馬家と続き、明治を迎えました。
この丸岡城も、先ほどの福井城と同じく、1948年の福井地震での震災で天守閣が倒壊しましたが、1955年に再建され、国の重要文化財に指定されています。

DSC_0244


最古級の天守というだけあって、初期の天守閣の構造で、入母屋造りの1階に2階部分の櫓が載った「望楼型天守閣」です。
いかにも、戦国時代の砦にあった物見櫓から天守へと進化していったという典型的な天守閣です。

ちなみに、2重3階(外から見ると2階建てに見えるが、中の構造は3階建てですという意味)です。

丸岡城の遺構は。この天守閣しかありませんが(笑)、その分いろんな特徴があります。

まずは、物見櫓から進化している天守閣なので、付け櫓や連結天守など一切無く、石垣に階段が付いていて、いきなり天守閣です(笑)

DSC_0265

この長い階段は「小田原城」にもありますね。

当然、古いお城ですので「野面積み」の石垣です


DSC_0258

もう一つ、腰屋根とも、腰庇(こしひさし)ともいわれる天守と石垣の間にスカートのようなものがありますね。

DSC_0274

これは、古い天守の場合、石垣ギリギリに天守を建てる技術がないため、天守と石垣の間から雨や雪(豪雪地帯だから)が流れ込むのを防ぐ役割を果たしています。

そして、丸岡城唯一の特徴!屋根の瓦が「笏谷石(しゃくだにいし)」で作られた石瓦であることです。

高所恐怖症のため、なかなか身を乗り出して石瓦が撮れません(笑)
石造りの鬼瓦部分がギリギリ写ってますよね?(笑)

DSC_0285

石瓦は約6000枚!
総重量は、なんと120トン!だそうです。
石瓦は雪や風に強く、これも豪雪地帯ならでの知恵でしょうか?

また、たった3階建て天守なのに「通柱」がないのも丸岡城の特徴です。

DSC_0300

もう一つ面白いのが、最上階の廻縁に出られない構造になっています。

DSC_0286


外観からすると欄干まであるので、出られそうですが(笑)
まあ、無理すりゃ出られるんだろうけど、係員のおっちゃんに怒られますね(笑)

まあ、丸岡城は一度来てるし、遺構は天守閣しかないから、とりあえず城下に行ってみます(笑)
というのも、天守閣から気になるものが見えたんだよね(笑)

DSC_0296


城下に行ってみると、かって丸岡城を取り囲んでいた外堀の一部が用水路となっています。

DSC_0314

そして、その横にあったのがこれ!

DSC_0321

時計台と公衆電話ボックスとお地蔵様が、三位一体となった「あやしい城」です!(笑)
「下見板張り」仕上げが丸岡城とマッチしていい雰囲気ですね~

ここで、丸岡城をあとにして、本当は石川県小松市にある「小松城」を見たかったんだけど、タイムアップ!
というより、すこしでも早く富山に着いて、温泉に入って、きときとの刺身と美味しい酒が待っているかと思うと、我慢できなくなっただけかも?(笑)
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ